OpenRTM-aist Python インストール


このページではPython版のOpenRTM-aistのインストール方法について解説します.

まず,Python版の利用に関しては以下のものをインストールします.

  • Python2.6.x
  • OpenRTM-aist 1.1 RC1 Python
  • Eclipse全部入り
  • *Eclipse環境の設定

Python2.6.6のダウンロードとインストール

Python2.6.6はOpenRTM-aistのウェブサイトからダウンロードできるので,それを使うのが問題が少ないでしょう.

OpenRTM-aist Python版のインストール

OpenRTM-aist Python版はOpenRTM-aistの公式サイトからダウンロードします.バイナリ形式でダウンロードするのがよさそうです.

Eclipse全部入り

同様に公式サイトからEclipse全部入りをインストールし,展開しておきます.

Eclipseは特にインストールせずに,eclipse.exeを実行すればよいので,Cドライブに直接コピーして,eclipse.exeへのショートカットをデスクトップ等に造っておくとよいでしょう.

RTM Toolsデイリービルトの入れ替え

これで上手く動けばいいのですが,どうやら最新のRTC Builderに変更した方が便利です.

デイリービルドのページ
のリンクをクリックして,最新のRTC BuilderとRT System Editorをダウンロードしましょう.

ファイル名のrtmtools-r***-+++++.zipの***の数字が大きいものほど新しいものです.

ZIPファイルを展開して,eclipseのpluginフォルダに中身のファイルを全部上書きコピーすればOKです.

PyDevのインストール

PyDevというEclipse上でPythonを開発できる環境をインストールすると非常に便利です.

メニューの「ヘルプ」>「ソフトウエア更新」を選択してアップデート用ダイアログを表示します.

ここで「使用可能なソフトウエア」のタブを選択します

ここで「サイトの追加」を選択します

出てきたダイアログに「http://pydev.org/updates」と入力してOKします.

そしてPyDevを選択してインストールします.

最後に,Eclipseを起動後,PyDevパースペクティブに移動します.
メニューの「ウインドウ」>「パースペクティブ」で「PyDev」を開き,再度メニューから「設定」>「PyDev」>「Python Interpreters」>「auto config」で設定します

これで準備完了です.