AquesTalk コンポーネント


株式会社Aquestの音声合成エンジンAquesTalkを使ったRTCです.

概要

AquesTalkとは

AquesTalkを使うRTコンポーネントです.
InPortに日本語文字列(SHIFT-JIS)を送信すると,読み上げます.
表音文字列を使う場合は,別途AquesTalkのマニュアルを参照してください.

AquesTalk: http://www.a-quest.com/products/aquestalk.html

ダウンロード
LGPL(添付)とします.

ただし,AquesTalk.dll, AquesTalkD.dll, AquesTalkDa.dll AquesTalkDaD.dllおよびincファイル内のインクルードファイルの使用条件はAquesTalkライブラリの配布条件(添付のAqlicense.txt)に従ってください.

AquesTalkは株式会社Aquestの登録商標です.
Aquest: http://www.a-quest.com

インストーラ:
AquesTalkSetup_v004

ソースコード:
AquesTalkRTCv004

RTCのインストール
1. OpenRTM-aistのインストール
OpenRTM-aist C++ 1.0 Release版をインストールします.

参考: OpenRTM-aist公式サイト

2. ダウンロードからAquesTalkRTCをダウンロードします.

3a. インストーラをダウンロードした場合はインストーラを実行します.

3b. ソースコードからインストールする場合は,Visual C++ 2008(VC2008)が必要です.
3b.1. VC2008をインストールします.
3b.2. 展開したフォルダ内のcopyprops.batを実行します.
3b.3. AquesTalk_vc9.slnファイルをVC2008で開きます.
3b.4. 構成を「Release」にしてビルドします.
3b.4. binフォルダ内に必要なバイナリがあります.

マニュアル

ファイルの説明

インストールされたファイルは以下の通りです.

AquesTalk.dll, AquesTalkDa.dll

AquesTalk本体です.下記のAquesTalkRTCと同じフォルダに入れる必要があります.

AquesTalkRTC.dll

AquesTalkを使うためのRTCの本体です.

AquesTalkRTCComp.exe

AquesTalkRTCをロードする実行ファイルです.これを使えばすぐにRTCを試せます.

AquesTalkTest.dll

テスト用のRTCの本体です.

AquesTalkTestComp.exe

AquesTalkTest.dllをロードする実行ファイルです.

rtc.conf

RTCの状態を設定する設定ファイルです.

初めてのAquesTalk

Start Naming Service

OpenRTM-aist C++版をインストールしてください.
インストール後は,スタートメニューから「OpenRTM-aist」>「C++」>「tools」>「Start Naming Service」と選択してネームサービスを起動します.

RT System Editorの実行

スタートメニューから「OpenRTM-aist」>「C++」>「tools」>「RT System Editor」と選択してSystem Editorを起動します.

AquesTalkおよびTestの実行

インストーラを使った場合は,スタートメニューから,ソースからコンパイルした方はbinフォルダの,AquesTalkRTCComp.exeとAquesTalkTestComp.exeを実行します.

System Editorでのシステムの構築

System Editorを使って,AquesTalkとAquesTalkTestを表示します.

System Editorの使い方

System Editorの使い方

必要なポートを接続します.

System Editorの使い方

System Editorの使い方

Activate

すべてのRTCをActiveにします.するとダイアログが開きます.

RT System Editorの使い方

RT System Editorの使い方

ダイアログに表音文字列を代入すれば,しゃべります.

AquesTalkの使い方

AquesTalkの使い方