Direct Input RTC


DirectX に対応したジョイスティックで操作するためのRTCです.
Windowsで認識するほとんどすべてのジョイスティックが使えます.
僕は下記のXBox360用コントローラで動作確認しています.これ,両親指にアナログ入力があって,LRキーもアナログなので移動ロボットの制御とかに便利です.

概要

DirectXとは

DirectXはMicrosoft Windows上でゲームなどで使用するマルチメディア機能を活用するためのライブラリで,Direct3D DirectShow DirectInput DirectMusicなどなどの集まりからなっています.

ジョイスティックなどのゲーミングデバイスをつかさどるのはDirectInputというモジュールです.
これを使えば様々なコントローラを共通のインターフェースに基づいてプログラミングできるのが特徴です.これはデバイスのポータビリティを高めると同時に,プログラマの負担を減らす効果もあります.

ダウンロード
LGPL(添付)とします.

最新バージョン

インストーラ:
DirectInputRTC_112

ソースコード:
https://github.com/ysuga/DirectInputRTC.git

おまけ

JoystickToVelocity

JoystickからRTC.Velocity2D型に変換します.各種コンフィグレーションを使っていろいろできるかな.
JoystickToVelocity110

ソースコード:
https://github.com/ysuga/JoystickToVelocity.git

過去のバージョン

インストーラ:
DirectInputSetup1.2
ソースコード:
DirectInputRTC1.2

RTCのインストール
1. OpenRTM-aistのインストール
OpenRTM-aist C++ 1.1 Release版をインストールします.

参考: OpenRTM-aist公式サイト

2. ダウンロードからDirectInputRTCをダウンロードしてmsiインストーラを実行します.

3. ソースコードからインストールする場合は,Visual C++ 2010,CMake2.8, Doxygen,さらにDirectXのSDKが必要です.

マニュアル
準備中